ポータブル電源は買うべき?メリットや購入検討理由を解説 – Anker Japan 公式オンラインストア

公式オンラインストア限定

税込¥4,000以上のお買い物で送料無料

カテゴリから探す

モバイルバッテリー
すべてのモバイルバッテリー
コンパクト (10000mAh未満)
大容量 (10000mAh~)
超大容量 (20000mAh~)
充電器
すべての充電器
USB急速充電器
バッテリー機能搭載USB充電器
ワイヤレス充電器
カーチャージャー
電源タップ
ケーブル
すべてのケーブル
USB-C & ライトニングケーブル
USB-C & USB-C ケーブル
USB-C & USB-A ケーブル
USB-A & ライトニングケーブル
Micro USBケーブル
HDMIケーブル
USBハブ / アダプタ
すべてのUSBハブ / アダプタ
USBハブ
アダプタ
ドッキングステーション
ポータブル電源
すべてのポータブル電源
ポータブル電源
ソーラーパネル
セット製品
拡張バッテリー
イヤホン / ヘッドホン
すべてのイヤホン / ヘッドホン
完全ワイヤレスイヤホン
オープンイヤー
ヘッドホン
会議用ヘッドセット
スピーカー / その他オーディオ
すべてのスピーカー / その他オーディオ
スピーカー
スピーカーフォン / マイク
オーディオ周辺機器
掃除機
すべての掃除機
ロボット掃除機
ハンディ / スティック掃除機
コードレス水拭き掃除機 (MACH)
掃除機アクセサリー
プロジェクター
すべてのプロジェクター
モバイルプロジェクター
ホームプロジェクター
シーリングプロジェクター
プロジェクターアクセサリー
家電 / その他
すべての家電 / その他
紛失防止トラッカー
セキュリティカメラ
体重体組成計
3Dプリンター
Webカメラ
ペットロボット (Loona)
ギフト
その他

ANKERアイコンMAGAZINE

「モノ」で叶える
スマートな暮らしを後押しするメディア

更新日:2024.04.16

ポータブル電源は買うべき?メリットや購入検討理由を解説

近年、ポータブル電源の需要が高まっていますが、「アウトドアで便利と聞くけど、ポータブル電源はどういう時に使うの?」「災害対策として用意したほうが良いと聞くけど、本当に必要なの?」等、疑問を持たれている方も多いでしょう。

本記事では、ポータブル電源を買うべき理由やメリットから、ご購入時の選び方を解説していきます。記事後半ではAnkerのおすすめポータブル電源をご紹介していきますので、ぜひ製品選びの参考にしてください。

目次:

    ポータブル電源とは?

    ポータブル電源とは、内蔵バッテリーにあらかじめ電気を蓄えておき、外部の電気機器に給電できる、持ち運び可能な大容量バッテリーのことです。略して「ポタ電」とも呼ばれることがあります。その容量はWh (ワットアワー) で表記され、Whの数値が大きいほど多くの電力を蓄えることができます。電源が確保できない場所でも自由に電気を使えるというメリットから、キャンプや車中泊などのアウトドアシーンや、停電・災害時の防災対策アイテムとしても注目されています。

    ポータブル電源を買うべき方とその理由

    アウトドアをより快適に過ごしたい方

    ポータブル電源は、キャンプやバーベキュー、釣りなどのアウトドアシーンで大いに活躍します。自然を満喫することがアウトドアの最大の魅力ですが、ポータブル電源があればスマートフォンや周辺機器の充電はもちろん、冬のキャンプでは電気毛布やストーブを使用しての防寒対策、夏場は扇風機での熱中症対策など、快適な環境作りに役立ちます。さらに、ホットプレートや電気ケトルといった調理家電も使用できるため、料理の時間を短縮し、アウトドアながら手の込んだ料理にも挑戦できます。

    災害時の非常用電源として備えたい方

    地震や台風、洪水などの自然災害への備えとしてもポータブル電源は大いに役立ちます。災害時は、重要な情報の入手や状況の把握、大切な人との連絡手段として、スマートフォンやPCなどの電源を確保することが不可欠です。ポータブル電源を用意しておくことで、いざという時に電力を確保できます。
    さらに、電源が一切ない環境下でも、ポータブル電源とソーラーパネルを併用することで、発電と蓄電が可能になります。

    ソーラーパネルとセットで節電対策として使用したい方

    ポータブル電源をソーラーパネルと組み合わせて使用することで、節電効果も期待できます。晴れた日中にソーラーパネルで発電し、その電力をポータブル電源に蓄えることで、夜間にポータブル電源から電気を使用するなどの使い方が可能です。

    ポータブル電源の選び方

    ここからは、実際に製品を選ぶ際のポイントについて解説していきます。

    出力電力と容量

    使用用途と主に使う家電製品を想定して、ポータブル電源の出力と容量を選びましょう。

    アウトドア:デイキャンプ

    滞在時間が短く、小型扇風機などの消費電力の低い機器を使用することが多いため、持ち運びやすい小型モデルがおすすめです。

    容量の目安:200Wh ~ 600Wh程度
    出力の目安:300W ~ 500W程度

    アウトドア:お泊りキャンプ

    高出力モデルを使用すれば、ポータブル冷蔵庫やヒーターを動かせるので、快適に過ごすことができます。複数人で使用する際も、大容量モデルなら同時に高出力の家電を複数動かすことが可能なため、使用人数と使いたい家電を考慮し、容量 / 出力ともに中型から大型のモデルを選ぶと良いでしょう。

    容量の目安:500Wh以上
    出力の目安:500W以上

    防災対策

    災害時に命を守るための家電 (エアコン、ヒーター、冷蔵庫など) を動かせるだけの出力があると安心です。また、大規模災害時には電力の復旧までに2、3日かかることもあるため、容量が大きい大型のモデルがおすすめです。

    容量の目安:700Wh以上
    出力の目安:1000W以上

    節電対策

    電気料金の安い時間帯にまとめて電力を備蓄するケースが多いため、大容量モデルがおすすめです。大型家電の使用も考えると出力も大きいモデルを選ぶと良いでしょう。

    容量の目安:700Wh以上
    出力の目安:1000W以上

    充電方法と充電時間

    コンセントからの充電 (AC100V) に加え、ソーラーパネルやシガーソケットなど、どのような充電方式に対応しているかをあらかじめ確認しましょう。また、大容量モデルの中には満充電までに4~5時間ほど必要な機種もあります。
    キャンプ当日朝、充電し忘れに気づいた際や、突然の雷雨や台風による急な停電の備えとして使用する場合、充電に長時間かかってしまうのは大きなデメリットです。短時間で充電が完了するかも製品選びの基準として考えましょう。

    製品寿命

    防災の備えとしてご購入いただく場合、長期での保管と使用が可能かどうかも重要なポイントです。ポータブル電源は、1000個以上の部品で構成されていることも多く、バッテリーと電子部品それぞれが長寿命であることを確認しましょう。

    保証期間とアフターサービスの確認

    「メーカー保証」が何年ついているか、修理やカスタマーサポートを含めた「サポート体制」が充実しているかなど、長く安心して使える製品かどうかを視野に入れて比較検討しましょう。初めてポータブル電源を使う場合に戸惑わないよう、日本語サポートがあると安心です。

    使用シーン別!Ankerのおすすめポータブル電源

    最後に、ポータブル電源の特徴や活用シーンを踏まえ、現在Ankerより発売されているおすすめモデルをご紹介します。

     アウトドアに最適なポータブル電源「Anker Solix C1000 Portable Power Station」

    大容量かつ高出力ながら、同容量帯製品に比べ15%コンパクトなのでアウトドアでも気軽に持ち運べます。
    また、定格出力は家庭用コンセントと同じ1500Wで、電力リフト機能である独自技術SurgePad™により消費電力2000Wまでの家電を複数台同時に使えるパワフルさを兼ね備えています。高速充電モードでは、満充電まで58分 (※) しかかからず、出発1時間前でも1泊、2泊分程度の充電ができるところも安心です。

    ※2023年9月時点 1000Wh帯において、20°Cのテスト環境下におけるAnker調べ。専用アプリで超急速充電モード設定時。通常モードでは約90分です。外気温や使用環境により充電時間は異なる場合があります
    Anker Solix C1000 Portable Power Station
    Anker Solix C1000 Portable Power Station

    1056Whの容量、1500W出力対応。急速充電、長寿命、コンパクトさ、全て兼ね備えた一台

    製品詳細を見る Amazonで購入

     防災 / 節電対策に最適なポータブル電源「Anker Solix C800 Portable Power Station」

    満充電までわずか58分 (※) で対応し、突然の台風や停電などにもしっかり備えることができます。また、768Whの中容量でありながらも、1200Wのパワフルな出力に対応しており、電気ケトルや電子レンジも使用可能です。さらに、一般的には容量の60 ~ 80%充電でポータブル電源は保管をおすすめしていますが、Anker Solixシリーズであれば、100%満充電で保管できるため、いざという時にポータブル電源を最大限活用できます。

    ※2023年9月時点 700Wh帯において、20°Cのテスト環境下におけるAnker調べ。専用アプリで超急速充電モード設定時。通常モードでは約90分です。外気温や使用環境により充電時間は異なる場合があります
    Anker Solix C800 Portable Power Station
    Anker Solix C800 Portable Power Station

    768Whの容量、1200W出力対応。急速充電、長寿命、天面の収納スペース付き、バランスの優れた一台

    製品詳細を見る Amazonで購入

     防災 / 節電対策におすすめなソーラーパネル「Anker 531 Solar Panel (200W)」

    「Anker Solix C1000 Portable Power Station」と合わせての使用がおすすめです。 最大200Wでポータブル電源に給電できる他、本製品を2枚同時に使うことで、3.6時間で満充電が可能です。IP67相当の防水 / 防塵性で、アウトドアの環境でも使いやすいモデルとなっています。コンパクトに折りたためるため、持ち運びにも最適です。

    Anker 531 Solar Panel (200W)
    Anker 531 Solar Panel (200W)

    「Anker C1000 / C800 / F1500 / 757 / 767 Portable Power Station」専用の高出力ソーラーパネル

    製品詳細を見る Amazonで購入

    まとめ

    本記事では、ポータブル電源のメリットや購入検討理由から、ポータブル電源の選び方、おすすめ製品までをご紹介してきました。ポータブル電源は、アウトドアシーンで活躍するだけではなく、災害 / 節電対策にも役立ちます。

    ご購入を検討されている方は、ぜひ、今回ご紹介した製品をチェックしてみてください。

    関連記事
    ポータブル電源に寿命はあるの?安心して長く使うためのコツを解説
    車中泊やキャンプで大活躍!ポータブル電源とは?

    SHARE

    あなたの生活を
    より快適で、スマートなものに。
    オンラインストアはこちらから!

    ANKERアイコンMAGAZINE

    「モノ」で叶える
    スマートな暮らしを後押しするメディア

    Empowering Smarter Lives

    アンカーマガジンは、“充電”のグローバル・リーディングブランド「Anker」、オーディオブランド「Soundcore」、スマートホームブランド「Eufy」、スマートプロジェクターブランド「Nebula」の製品やテクノロジーなど、皆さまの暮らしを豊かにする情報をお届けします。