Anker独自技術「ウルトラノイズキャンセリング」とは – Anker Japan 公式サイト

ANKERアイコンMAGAZINE

「モノ」で叶える
スマートな暮らしを後押しするメディア

更新日:2022.09.06

Anker独自技術「ウルトラノイズキャンセリング」とは

ウルトラノイズキャンセリングは、アクティブノイズキャンセリング (ANC) の機能とアプリによる環境モード選択とを組み合わせ、シーンに最適な強度のノイズキャンセリングを起動させるSoundcoreの独自技術。本記事では、他のANCと比較した場合のウルトラノイズキャンセリングの特徴や開発段階でのマル秘情報など盛り沢山の内容でご紹介します。

こちらもチェック:PNC / ANCとは?ノイズキャンセリングの仕組みと種類について解説 

目次:

    ウルトラノイズキャンセリングの特徴

    ノイズの種類は様々なので、最適なノイズキャンセリングを行うためにはそれぞれの環境に合わせた調整を行う必要があります。ウルトラノイズキャンセリングはまず、 イヤホンの外側と内側に配置した2つのマイクで周囲の音を検知し、騒音や雑音を除去します。

    h2-2_0910 mic
    ▲内側と外側にANC搭載マイクを配置することで、2箇所でノイズ源を拾う。より多くの周囲音を拾い、環境に合わせてノイズを除去します。

    またウルトラノイズキャンセリングは、アクティブノイズキャンセリング (ANC) の機能をさらに高め、最適なノイズキャンセリングができるよう、アプリ上で環境に合わせた強度切り替えができます。選べるモードは下記の3つです。

    交通機関モード:電車や飛行機での移動など、交通機関を利用する際はエンジン音などのノイズが発生します。こういった低周波帯域の強いノイズを強力に除去するモードです。

    屋外モード:街なかで発生する低~中周波数帯域に効果が発揮されます。歩いているときや自転車に乗っているときなど、屋外で安全に使用する上で必要な音を保ちつつ、街の喧騒を聞こえにくくします。

    屋内モード:会話などの中周波帯のノイズを中心に除去します。カフェや自宅、オフィスなど屋内の使用に最適です。 

    ウルトラノイズキャンセリングを開発した理由と経緯

    h2-2_0910

    開発チームが何度も壁にぶつかりながら、お客様のニーズを満たせるよう開発したウルトラノイズキャンセリング。その技術はSoundcoreの最新完全ワイヤレスイヤホンに搭載されています。製品の実機は直営店のAnker Store / Anker Store Select等でご覧になれますので、気になる方は是非足を運んでみてください。

    最初の壁は、実験データと実際に感じるノイズキャンセリング効果との違い

    ノイズキャンセリング技術においては、いかに最適にノイズの音の波と真逆の波を発生させ、打ち消すことができるかが最も重要なポイントです。そのためSoundcoreの開発チームは、技術開発のために人工耳を作成し、ノイズキャンセリングのスコアを高める実験を繰り返し実施しました。そして環境の違いに合わせたノイズキャンセリング機能を搭載するサンプル製品を開発し、ユーザーテストを実施しました。しかし、ユーザーからは思うような良いフィードバックを得ることができませんでした。開発チームは実験の中で得られた最適な周波数データと実際のユーザーの反応との違いという壁に直面しました。

    人工耳と人が感じる「感覚」の違い

    ノイズキャンセリング効果の計測は、人工耳を使用し、機械的に最適か否かを判断する方法が一般的です。しかし何度もユーザーテストを繰り返すうちに、理論上最適な周波数と実際にユーザーが感じるノイズキャンセリングの効果には一定のギャップがあることが明らかになってきました。 人工耳の装着感覚や防音性はどうしても人間の耳とは異なってしまうため、データだけでは分析できない「感覚」を克服する必要があったのです。

    6回のテスト生産を通じて誕生したウルトラノイズキャンセリング

    開発チームは、繰り返し人工耳とユーザーからのフィードバックのギャップの分析を繰り返し、分析の結果を元に検証・生産テストを行いました。6回のテスト生産の結果、ようやく「複数のモードを製品に搭載する」というアイデアを形にした理想のノイズキャンセリングの開発に成功。交通機関 / 屋外 / 屋内それぞれの環境に合わせたノイズキャンセリングの効果が発揮できる独自のウルトラノイズキャンセリングという技術が生まれました。

    また、Soundcoreの完全ワイヤレスイヤホンに搭載されているウルトラノイズキャンセリングは、アクティブノイズキャンセリング (ANC) の機能とSoundcoreアプリによる環境モードを組み合わせることで、周囲の音を検知しつつ環境に合わせた強度のノイズキャンセリングへ切り替えることができます。 

    ウルトラノイズキャンセリングを搭載したSoundcore製品一覧

    TOP_PC
    Soundcore Liberty Air 2 Pro

    オーディオ製品の中でも、ここ数年の完全ワイヤレスイヤホン人気は著しく、その注目度も高まるばかり。新旧問わず、毎月様々なメーカーから完全ワイヤレスイヤホンが発表されていますが、ノイズキャンセリングを搭載する製品の多くは環境による異なるノイズに十分に対応できていません。そこでAnkerグループでは、あらゆる環境で理想的なノイズキャンセリングを実現するため、それぞれのノイズの周波数の違いに注目しました。環境に合わせて最適な周波数と強度でノイズを打ち消せるよう、複数のモード切り替えを行うアイデアを出し、技術の開発に着手しました。

    製品詳細を見る Amazonで購入
    Soundcore Life P3

    全世界で累計100万台以上販売した (※) 、大人気の完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Life P2」のアップグレードモデル。手に取りやすい価格ながら、ウルトラノイズキャンセリング機能に加えて11mmの大口径ドライバーの搭載や、ゲームのプレイサウンドの臨場感を追求した「ゲーミングモード」の追加など、没入感を高めるための機能を多数搭載しました。カラーもブラック / オフホワイト / ネイビー / ライトブルー / コーラルレッドの計5色とバリエーション豊富で、お好みに合わせてお選びいただけます。

    ※2021年1月時点
    製品詳細を見る Amazonで購入

    環境にあわせてノイズを効果的に除去できるAnker独自のウルトラノイズキャンセリングにご興味は持っていただけましたか?ウルトラノイズキャンセリングを搭載した完全ワイヤレスイヤホンは、仕事にもプライベートにもオススメです。是非一度、お試しください。

    SHARE

    あなたの生活を
    より快適で、スマートなものに。
    オンラインストアはこちらから!

    ANKERアイコンMAGAZINE

    「モノ」で叶える
    スマートな暮らしを後押しするメディア

    Empowering Smarter Lives

    アンカーマガジンは、“充電”のグローバル・リーディングブランド「Anker」、オーディオブランド「Soundcore」、スマートホームブランド「Eufy」、スマートプロジェクターブランド「Nebula」の製品やテクノロジーなど、皆さまの暮らしを豊かにする情報をお届けします。