Soundcore Liberty 4 | 完全ワイヤレスイヤホンの製品情報 – Anker Japan 公式サイト
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • ミッドナイトブラック
  • クラウドホワイト
  • スカイブルー
  • ワインレッド
  • シャンパンゴールド
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4
  • Soundcore Liberty 4

Soundcore Liberty 4

¥14,990

¥14,990
(税込)
単価
あたり 
  • PayPay
  • amazon pay
  • atone
  • apple pay
  • google pay
  • paidy
  • AMERICAN EXPRESS
  • JCB
  • MASTER CARD
  • VISA
  • Diners Club
  • DISC VER

支払い方法は注文画面で選択できます。

こちらの製品は、法人特別価格をご用意しております。
法人アカウントでログインすると割引額が表示されます。

※Amazonにて弊社公式よりご購入いただく場合は、販売元が「AnkerDirect」であることをご確認ください。

機能 / 性能:
A.C.A.A 3.0 (高音質ドライバー) / 3Dオーディオ (固定 / ヘッドトラッキング - 音楽/ムービ−モード) / ウルトラノイズキャンセリング 2.0 / ハイレゾ再生 / 音声通話 / マルチポイント接続 / アプリ対応 / イコライザー / ワイヤレス充電 / 外音取り込み / 独自の2層構造CloundComfortイヤーチップ (4種類) / IPX4防水規格

Soundcore | あなたのコアに、とどく音。

一人一人のライフスタイル、欲しい機能や、好みの音、美しいと思えるデザイン。そのすべてに寄り添う、Ankerのオーディオブランド。

A.C.A.A 3.0による高音質

さらに進化したAnker独自ドライバー「A.C.A.A 3.0」搭載。2つのダイナミックドライバーにより、細かなサウンドも明瞭に聞こえる繊細でリッチな音質を実現。

360°の音響体験 3Dオーディオ

独自のアルゴリズムで音源を処理、ライブ会場や映画館にいるような音響体験を提供します。また、ジャイロセンサーが頭の動きを検知し、つねに音楽に囲まれた感覚に。

Anker独自技術 ウルトラノイズキャンセリング 2.0

使用シーンに最適な強度のノイズキャンセリングを自動で起動。音楽への没入感を極限まで高めます。

長時間再生・短時間充電

  • 9時間
    イヤホン本体のみの再生時間
  • 28時間
    イヤホン本体 + 充電ケースの再生時間
  • 15
    3時間の再生時間に必要な充電時間

取扱説明書ダウンロード

  • A.C.A.A3.0搭載の、高音質

    2つのダイナミックドライバーにより、細かなサウンドもクリアに表現。繊細でリッチな音質を実現しました。

  • 360°の音響体験、3Dオーディオにも対応

    独自のアルゴリズムで音源を処理、まるで映画館やライブ会場にいるかのような、サラウンドな音響体験を提供します。ジャイロセンサー搭載で、頭の動きに合わせて音を変化させます。音楽モード、ムービーモードの選択も可能です。

  • ウルトラノイズキャンセリング 2.0 シーンに合わせ自動調節

    Anker独自技術のウルトラノイズキャンセリング 2.0により、周囲の騒音レベルに応じてノイズキャンセリングの強さを自動で調節し、より快適なノイズキャンセリング体験を提供します。

  • ハイレゾ再生対応で、原音に忠実に音を再現

    高音質コーデックLDACに対応し、通常のコーデック (※) と比較して3倍の情報量を伝送できるため、原音に忠実に音楽を再現します。
    ※Bluetooth A2DPのSBC (328kbps,44.1kHz時)

  • CloudComfort イヤーチップを採用

    イヤーチップは、雲に触れるような自然な装着感を目指し、2層構造のやわらかな素材を使用し独自開発。快適なつけ心地を実現しました。

  • 最大28時間の長時間再生

    イヤホン単体で最大9時間、充電ケース込みで最大28時間の音楽再生が可能です。短時間充電にも対応し、15分で3時間分の充電が可能に。

  • ストレスフリーなマルチポイント接続

    スマホで音楽、PCでWEB会議など、Bluetooth接続を都度切り替える必要がなく、2台の端末に同時接続いただけます。

  • 心拍計測など、ヘルスモニタリング機能を搭載

    心拍モニタリング、ストレスチェック、姿勢リマインダー、ワークアウト機能等が利用可能。Soundcoreアプリを通じて各データを確認いただくことで、日々の活動をサポートします。

  • 相手にクリアな声を届ける、ノイズリダクション機能

    6つのマイクを使用し周囲のノイズを除去。クリアな音声を通話相手に届けます。

  • Soundcoreだけの高機能アプリで、音質調整、モード設定が可能

    Soundcoreアプリを使用することで、各種モードの選択や、高音や低音のお好みに応じた音質の調整、3Dオーディオなどの機能をご利用いただけます。

  • 置くだけ、ワイヤレス充電機能

    ワイヤレス充電に対応。ケーブルに接続する手間なく、ご利用いただけます。

  • 着脱の手間を減らす、外音取り込み機能

    外音取り込みモードに切り替えると、会話や公共施設のアナウンス等の外音を取り込みながら音楽を楽しむことが可能です。

    ※片耳利用時は自動的に標準モードになります。

  • コンパクト&ミニマルなデザイン

    前作「Liberty Air 2 Pro」よりもイヤホン本体が14%、充電ケースが12%の小型化を実現。耳元を主張しないデザインとポケットに収まるサイズ感に仕上げました。

  • 一人一人にパーソナライズする、HearID

    Soundcoreアプリ上で特定の周波数帯域における音の聞き取りやすさを測定し、あなたに最適な音質を自動で調整します。

  • 感圧センサーコントロール機能

    イヤホンの側面を軽く触るだけで、イヤホン本体の操作が可能に。誤ったタップ操作からも解放されます。また、Soundcoreアプリで感度の調整も可能です。

Soundcore Space A40

Soundcore Liberty 4

Soundcore Liberty 3 pro

Soundcore Liberty 3 Pro

Soundcore Space A40

Soundcore Space A40

Soundcore Life P3

Soundcore Life P3

ドライバー A.C.A.A 3.0 A.C.A.A 2.0 二層振動板ドライバー ダイナミックドライバー
3Dオーディオ 3Dオーディオ (固定 / ヘッドトラッキング) 3Dオーディオ - -
ハイレゾ再生 -
ノイズキャンセリング ウルトラノイズキャンセリング 2.0 (強度の自動調節) ウルトラノイズキャンセリング 2.0 (強度の自動調節) ウルトラノイズキャンセリング 2.0 (強度の自動調節) ウルトラノイズキャンセリング
再生可能時間 (イヤホン/ 充電ケース) 9時間 / 28時間 8時間 / 32時間 10時間 /50 時間 7時間 / 35時間
対応コーデック SBC / AAC / LDAC SBC / AAC / LDAC SBC / AAC / LDAC  SBC / AAC
ヘルスモニタリング 心拍モニタリング、ストレスチェック、ワークアウト機能等 - - -
イコライザー機能 20種類以上のプリセット・カスタム・HearID 20種類以上のプリセット・カスタム・HearID 20種類以上のプリセット・カスタム・HearID 20種類以上のプリセット・カスタム
マルチポイント接続対応 -
外音取り込み機能
イヤーチップ CloudComfortイヤーチップ 通常 通常 通常
防水規格 IPX4防水規格 IPX4防水規格 IPX4防水規格 IPX5防水規格
特徴 欲しい機能をすべて揃えたLibertyシリーズ最高傑作 プロが認める音質を持つノイズキャンセリングイヤホン コンパクトながら充実の機能 & 最大50時間再生可能 豊富なカラバリと機能性、デザインを兼ね揃えたモデル
サイズ
約59 x 57 x 29mm
重さ
約55g (充電ケース含む) / 約6g (イヤホン本体 片耳)
防水規格
IPX4
通信規格
Bluetooth 5.3
対応コーデック
SBC / AAC / LDAC
再生可能時間
通常モード:最⼤9時間 (イヤホン本体のみ) / 最⼤28時間 (充電ケース使⽤時)
ノイズキャンセリングモード:最大7時間 (イヤホン本体のみ) / 最大24時間 (充電ケース使用時)
LDAC使用時 (通常モード):最⼤5.5時間 (イヤホン本体のみ) / 最⼤16.5時間 (充電ケース使⽤時)
充電時間
充電時間:約1時間 (イヤホン) / 約2時間 (充電ケース※USB-Cケーブル使用時) / 約3時間 (充電ケース※ワイヤレス充電使用時)
充電端子
USB Type-C / ワイヤレス充電
接続方式
無線
パッケージ内容
Soundcore Liberty 4、充電ケース、イヤーチップ (4種類) 、USB-C & USB-A ケーブル、クイックスタートガイド、安全マニュアル、18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker Japan 公式サイト会員登録後) 、カスタマーサポート
製品型番
A3953N11 (‎ミッドナイトブラック) / A3953N21 (クラウドホワイト) / A3953N31 (スカイブルー) / A3953N81 (ワインレッド) / A3953NB1 (シャンパンゴールド)
※製品の仕様は予告なく変更されることがありますので、予めご了承ください。
ご注意

LDACに関する注意事項
・iPhone・iPadなどのiOS端末はLDAC非対応です。
・LDACをご使用の際はSoundcoreアプリ上で機能をオンにしてください。
・マルチポイント接続時にLDACはご利用できません。
・対応コーデックに記載の「LDAC」は、Soundcoreアプリとイヤホンのファームウェアをアップデート後ご利用いただけます。
・LDACをご使用の際はご自身の端末がAndroid 8.0以降でLDACに対応していることをご確認ください。

ヘルスモニタリングに関する注意事項
本製品は医療機器ではありません。本製品から提供されるデータは医療機器として使用することや、医療機器に代替することを目的としたものではなく、いかなる疾病の診断、治療、予防も意図していません。

その他の注意事項
・Soundcoreアプリをご使用の際は、ファームウェアが更新されていることをご確認ください。(イヤホンは、アプリなしでもご使用いただけます)
・SoundcoreアプリはDAP機器 (デジタルオーディオプレイヤー)に非対応です。
・製品の仕様は予告なく変更されることがありますので、予めご了承ください。
・製品パッケージは予告なく変更になる場合がございます。ご購入時期によっては異なる製品パッケージでお届けする可能性がございますので、予めご了承ください。なお、製品自体には違いはございません。

取扱説明書

アプリガイドダウンロード

取扱説明書ダウンロード

最近見た製品

商品レビュー
名前を入力して下さい
タイトルを入力して下さい
本文を入力して下さい 本文が短すぎます 本文が長すぎます。4000文字以内で入力して下さい
» 画像/動画をアップロードする
* 必須入力。HTMLタグは削除されます。
レビューを送信していただきありがとうございました。
レビューの送信中に問題が発生しました。しばらく経ってから再度お試しください。
6件のレビュー
  •  
    66.7%
    (4)
  •  
    16.7%
    (1)
  •  
    16.7%
    (1)
  •  
    0.0%
    (0)
  •  
    0.0%
    (0)
  • AppleやGoogleなどの常識を覆すイヤホン⁉︎
    ベストレビュー
    2023年8月19日 23:31

    最初にファーストインプレッションを聞いた時、低音から高音までAnkerらしい力強さと、音の解像感、ボーカルの完成度まで「今までで経験した音とは一線を画さない音」でした!。もう感無量と言っても良いかもしれません。あと、ウルトラノイズキャンセリングを試すと本当に名の通り「ウルトラ」と感じました!。まとめると、Apple社やGoogle社製のイヤホンを除くと一番トップクラスだと思います!。

    1人のお客様が「参考になった」とおっしゃっています
  • これリンゴの白いの潰せるよw
    ベストレビュー
    2023年6月23日 20:27

    非常に良い。
    その時に応じてノイキャンや外部音取り込みの強度が自動で変わる。
    イコライザーも使えてこの値段は…正直吹っ飛んでるw

    0人のお客様が「参考になった」とおっしゃっています
  • AirPods Proキラーだよこれ
    ベストレビュー
    2023年3月25日 22:34

    AirPodsProの機能を全て持っているのにこの価格はすごい。さすがAnkerって感じ。

    このイヤホンの「欲しい機能、ここに全て」とは全くその通りだと思った。

    細かくみていくと、音質は、、、すごい。最初に買って音楽を聴いたらAnkerに感動しました。このイヤホンはイヤホンの音質で大事になるドライバーと呼ばれる部分が通常一つなのに対して2つのドライバーがある。これで音質はもうすごく良くなる。特に低音がすごく綺麗で、聴いていて気持ちいい。自分の好きなイコライザーも専用のアプリを入れていれば変えられる。しかも高音質ハイレゾ対応でLDACにも対応している。

    次はノイズキャンセリングと外部音取り込みモード。ノイズキャンセリングはAirPodsProの1と比べてみるとこのイヤホンの方が全然良い。AirPods Proの2と比べてみると大体おんなじくらいだと思う。外部音取り込みモードは使っていて不便はない。いきなり声をかけられても全然聞こえるしちゃんと声も綺麗に届く。

    他にもヘルタリング機能はすごく面白いと感じました。これを知った時はイヤホンでもこんなことができるのだなと少し感心してしまいました。

    ここまでいいところばかり言っていましたが、悪いと思うところもあります。音ゲーなどでの遅延です。まあぶっちゃけ普通に音楽を聴いたり動画を視聴するぐらいなら全然不便を感じません。

    このイヤホンは音質がいいしノイキャン、外部音取り込みや3Dオーディオ、ヘルタリング機能などの色々な機能を持っていて1万5000円です。ここまでの比較対象にしてきたAirPods Pro1は3万円。AirPods Pro2は4万円です。AirPods Pro1なら半分の値段、AirPods Pro2なら半分以下の値段で買えちゃいます。しかし機能は同等、もしくは上回っているものもあります。

    このイヤホンはすごくおすすめできます。ぜひこのレビューをみてこのイヤホンの良さを知ってくれたら幸いです。ぜひ皆さんも買ってみてください。

    0人のお客様が「参考になった」とおっしゃっています
  • まさに「欲しい機能、ここにすべて」
    ベストレビュー
    2023年2月23日 16:24

    「Liberty 4」の「欲しい機能、ここにすべて」というキャッチフレーズに対して、このイヤホンは実際にその通りの商品だと感じました。

    特に、一番便利だと思ったのが「マルチポイント接続」で、以前使っていた「Life P3」に比べてパソコンからスマホへの接続の切り替えが煩わしくなくなり、この機能だけでも乗り換えて良かったと思いました。

    また、音質も向上しており、3Dオーディオなどの機能が充実しており、音楽を楽しむには全ての機能が備わっています。ただ、3Dオーディオは360度から聞こえるわけではなく、少し広がる程度に考えた方が良いでしょう。

    さらに、商品紹介ページにはあまり書かれていない装着検出の機能も搭載され、音楽を聴く際に非常に便利でした。「風切音の低減」機能も地味ではありますが、ノイズキャンセリングを使用する際にも役立っています。充電ケースもスライド式で使い勝手がよく、イヤホンの収納もしやすいです。

    また、ヘルスモニタリング機能も面白い機能だと感じました。心拍数などを知ることができ、健康管理に役立つでしょう。

    ただし、悪い点としては、ゲームモードがなく、遅延が大きいと感じることがあること、充電ケースのバッテリー残量の表示が見にくいことが挙げられます。

    しかし、メリットがデメリットを大幅に上回る商品です。

    1万5千円でこの機能があるのはAnker社らしいと思いました。乗り換えの方でも購入する価値があると思います。

    0人のお客様が「参考になった」とおっしゃっています
  • スティック型が気に入っている方はぜひ!
    ベストレビュー
    2022年12月30日 11:15

    自分は完全ワイヤレスイヤフォンはスティック型が大好きで
    一時期はWF1000MX4やNuarlの製品なども購入していましたが
    Liberty Air2proを購入して以降、どうしてもスティック型の製品
    が欲しく、この製品を知ったとき即購入しました。
    Air2proも所有していたので、かなり悩んだ部分もありましたが
    感想としては購入を全く後悔していないです。

    サウンドは基本的にはAnkerお得意のドンシャリですが
    Air2Proと比較して評価すると

    低音はこもりが更に低減しており
    中音はAir2Proより厚みが増しており
    高温は音楽により多少刺さり感があるものの解像度は増している

    という感じでした。ただ、逆に言えば今までのAnkerの音作りと
    「大筋は同じだが細かいところで相違する」
    のでおそらく今までのAnkerの音が好きな方はLiberty 3 Pro
    などのほうが良いかもしれません。
    上質感は増したけれどもエネルギッシュな部分は少し薄まった
    という感じです。

    多方面でレビューされている通り、外音取り込みはめちゃくちゃ
    進化しており、十分に実用になったと思います。
    ノイキャンも必要にして十分。(Air2proでも不満がなかったが)
    あと、このモデルで採用されているイヤーチップも装着感が
    とても良くて、他製品に付け替える必要がないかもしれないです。
    ただ、今まで程の大量イヤーチップの同梱がされていないので
    Air2Proで中途半端なサイズ(MSとかMLなど)を使用していた為
    音漏れチェックでなかなかOKが出ずにちょっと苦労しました。
    純正でいいので中途半端なサイズのイヤーチップを販売してくれないかな
    と思ったりしました。

    今までの本体をタップするタイプの操作ではなくてスティックを
    つまんで操作するように変更になりましたが、なれるまでは少し
    違和感がありましたが、なれるとミスが少なくとても合理的な
    操作方法だと思いますが、Air2Proと比較してスティックが
    短くなっているため、ちょっとつまみにくく感じることもあります。
    でもこれはなれることで解消できると思いますので参考程度で。

    Air2ProのHearIDは余り役に立たず個人的には死に機能でしたが
    今回は聴力テストの他にA,Bどちらの音が好みかみたいなテストが
    追加されており、結果的にAir2Proと違って、十分に使える機能
    になっていたのが嬉しい誤算でした。

    ただし、ヘルスケア機能は本当に必要なのでしょうか?
    自分はスマートウォッチを使用しておりますが、イヤフォンで
    心拍やストレスを取る意味は理解できないです。
    そういうのを希望している人はスマートウォッチを購入しているような
    気がするのですが。

    古い時代のオーディオフリークなので、余計な機能を追加する事は
    ノイズの発生を生み出して、結果音質の低下を生み出す…のではないか
    と思ってしまうので、余りこの機能は歓迎できないです。

    長くなりましたが、Air2Proを持っているならあえて買い替える必要はない
    という意見が多数派ですけれども、私はAir2Proを持っていても
    Liberty4を買うという選択は十二分にありだと思っています。

    0人のお客様が「参考になった」とおっしゃっています