2018/06/15

【Anker】1台でトランスミッター & レシーバーの2役をこなす、Bluetooth 5.0対応の「Anker Soundsync」を販売開始

Bluetooth非対応のオーディオ機器でもワイヤレスで音楽を楽しめる、Bluetooth 5.0対応のトランスミッター & レシーバー「Anker Soundsync」を、2018年6月15日よりAnker公式オンラインストア等にて販売開始。



米国・日本・欧州のEC市場において、スマートフォン・タブレット関連製品でトップクラスの販売実績を誇るAnkerグループの日本法人、アンカー・ジャパン株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:井戸義経)は、モバイルライフ・パートナーブランド「Anker」において、Bluetooth 5.0に対応した、初のトランスミッター&レシーバー「Anker Soundsync」を、Anker公式オンラインストア、総合オンラインストアAmazon.co.jpおよび一部家電量販店等にて、2018年6月15日(金)より販売開始致します。


本製品は、付属のAUXケーブルやRCAケーブル、光ケーブルを使用し、Bluetooth非対応のパソコンやTV、携帯電話、ステレオ機器等と接続することで、音楽やサウンドをワイヤレスで気軽に楽しめるよう切り替える アダプターです。片手に収まるコンパクトサイズながら、トランスミッター(送信機)とレシーバー(受信機)の二役をこなすと共に、Bluetooth 5.0に対応することで安定した接続性能とBluetooth 4.2の約2倍となるデータ転送スピードを実現致しました。さらに、搭載されたCSR BC8675チップにより、遅延の少ない高音質なサウンドをお楽しみいただけます。


また、トランスミッターモードでは最大2台のBluetoothヘッドホンをTV等と、レシーバーモードでは最大2台の機器をご家庭のステレオシステムと同時接続できるため、お持ちの機器によらず音楽の楽しみ方を広げることができます。




Anker Soundsync | 2-in-1 Bluetoothトランスミッター&レシーバー



製品の特徴

- 送信も受信も1つの機器で:コンパクトながらトランスミッター(送信機)とレシーバー(受信機)の両機能を搭載し、ほぼすべてのオーディオ機器にBluetooth機能を提供します。


- Bluetooth 5.0:Bluetooth 4.2の約2倍のデータ送信スピードと安定した接続性能(最大10m)を実現。


- 高音質の音楽再生:CSR BC8675チップを搭載し、高音質のサウンドを遅延なくお届けします。


- 楽しさを共有しよう:トランスミッターモードでは、最大2台のBluetoothヘッドホンをTVと接続でき、レシーバーモードでは、最大2台の機器をお手持ちの家庭用ステレオシステムと接続し、音楽を再生できます。


- 幅広い接続方法:付属のAUX、RCAまたは光ケーブルを使用して、様々な機器と接続ができます。


- 長時間再生:高品質なリチウムポリマーバッテリー搭載。トランスミッター(送信機)モードで最大25時間、レシーバー(受信機)モードで最大17時間の長時間再生が可能です(※共にAUX接続の場合)。


製品の仕様

Bluetooth規格5.0Bluetooth動作範囲10m
重さ約51.5gサイズ約70 × 70 × 22mm
再生時間 【トランスミッターモード】AUX接続:最大25時間 / SPDIF接続:最大20時間【レシーバーモード】AUX接続:最大17時間 / SPDIF接続:最大13時間
パッケージ内容 Anker Soundsync、Micro USBケーブル(充電用)、AUXケーブル、RCAケーブル、光ケーブル、取扱説明書

販売価格

-税込 3,999円



【商標について】

- Anker、SoundcoreならびにEufyは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

- AmazonおよびAmazon.co.jpは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。

- その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。