コンパクト(3000mAh~)に関するよくある質問 | Anker サポートセンター – Anker Japan公式サイト

コンパクト(3000mAh~)

2022.10.18

モバイルバッテリー本体へ満充電されるまでの充電時間を教えてください。
Anker PowerCore 5000【A1109】の場合
5V=2A以上を出力できるUSB充電器を使用し、約2.5時間で満充電ができます。
Anker PowerCore III 5000【A1217】の場合
5V=2A以上を出力できるUSB充電器を使用し、約3時間で満充電ができます。
Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)【A1611】の場合
5V=2.4A以上を出力できるUSB充電器を使用し、約2.1時間で満充電ができます。
Anker PowerCore Magnetic 5000【A1619】の場合
5V=2A以上を出力できるUSB充電器を使用し、約2.5時間で満充電ができます。
Anker PowerCore Fusion 5000【A1621】の場合
コンセントからの充電で、約3.5時間で満充電ができます。
Anker PowerCore III Fusion 5000【A1624】の場合
コンセントからの充電で、約2時間40分で満充電ができます。
モバイルバッテリーの緑の点灯 (低電流モード) は何でしょうか?
モバイルバッテリー本体のボタンを2回押し / 2秒長押しをすると低電流モードになります。
通常モードの場合、機器へ充電する際30mA~70mAを下回ると充電が停止しますが、低電流モードの場合継続して充電ができます。
低電流モードは、イヤホン等の小型電子機器やウェアラブル機器などの電池容量が少ない機器を充電する際に最適なモードです。

ご注意
低電流モードは2時間で自動でOFFになります。
モバイルバッテリーを満充電した後、使用していない場合でも充電残量は減りますか?
モバイルバッテリーは、製品の仕様として自然放電されるため充電残量は減っていきます。

ご注意
ご使用や自然放電による充電残量0%の状態のまま放置した場合、内臓のリチウムイオン電池の劣化による不具合や、製品寿命が縮まる要因になります。
製品を長期間使用されない場合は、3ヶ月に1度は放電と充電を行ってください。
Ankerのモバイルバッテリーは飛行機への持ち込みはできますか?
Ankerのモバイルバッテリーは基本的に機内持ち込みができます。
Ankerのモバイルバッテリーの電池の種類はリチウムイオン電池です。
一般的に、ワット時定格量 (Wh) が100Wh以下のモバイルバッテリーが機内持ち込み可能です。
ポータブル電源を除く、Ankerのモバイルバッテリーは100Wh以下です。

ご注意
リチウムイオンバッテリーが内蔵・搭載された製品の持ち込みは、各航空会社の機内持込規定に委ねられます。
詳細につきましては各航空会社にてご確認ください。
モバイルバッテリー本体へ充電ができません。
以下の方法をお試しいただき、症状が改善するかご確認ください。
・モバイルバッテリーへ充電する際のUSB充電器が【5V=2A】以上出力できるかご確認ください。
・モバイルバッテリーと接続しているケーブルを変えていただき、再度充電ができるかご確認ください。
モバイルバッテリーから接続した機器へ充電ができません。
以下の方法をお試しいただき、症状が改善するかご確認ください。
・充電したい機器を再起動いただき、再度充電ができるかご確認ください。
・モバイルバッテリーと充電したい機器を接続しているケーブルを変えていただき、再度充電ができるかご確認ください。
・モバイルバッテリーと他の機器を接続いただき、同様の症状が見受けられるかご確認ください。

改善しないまたはご不明点がある場合、弊社カスタマーサポートまでお問い合わせください。

あなたの生活を
より快適で、スマートなものに。
オンラインストアはこちらから!

x