2018/11/29

次世代パワー半導体素材「GaN」を世界に先駆けてUSB急速充電器に採用!充電の未来を拓くAnker PowerPort Atomシリーズの日本展開を発表

アンカー・ジャパンは、次世代パワー半導体素材「GaN」(窒化ガリウム)を世界に先駆けてUSB急速充電器に採用したAnker PowerPort Atomシリーズを、今冬より日本で展開することを発表。第一弾は、わずか4cm四方のコンパクトサイズながら、最大27W出力が可能な「Anker PowerPort Atom PD 1」を予定しています。



米国・日本・欧州のEC市場において、スマートフォン・タブレット関連製品でトップクラスの販売実績を誇るAnkerグループの日本法人、アンカー・ジャパン株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:井戸義経)は、モバイルライフ・パートナーブランド「Anker」において、次世代のパワー半導体素材「GaN」(窒化ガリウム、以下GaN)を世界に先駆けて採用したUSB急速充電器、Anker PowerPort Atomシリーズを今冬、日本でもローンチすることを発表致します。



GaNは、その優れたエネルギー効率と耐圧性から、現在電子部品に主に活用されているシリコンに代わる存在として注目が高まっている半導体素材です。近年のモバイル機器の進化とそれに伴う充電ニーズの多様化を背景に、AnkerではUSB PowerDelivery(以下USB PD)のモバイル機器への採用が進み始めた2016年から、今後の充電ニーズの変化を予見し、GaNのUSB急速充電器への応用を検討し始め、約2年の歳月をかけて製品化へと歩を進めて参りました。 USB急速充電器へのGaNの採用メリットは、大きな電力をより効率的・安全に供給でき、かつ製品の小型化を図れることにあります。従来のシリコン半導体はエネルギー効率に限界があり、大きな電力を供給しようとすると電力のロスが熱となって発生しやすく、製品の安全性を高めるためには大型化が避けられないという課題がありました。 Ankerは、この問題のソリューションをGaNに求めることで克服致しました。



Anker PowerPort Atomシリーズの第一弾を飾るのは、「Anker PowerPort Atom PD 1」。わずか4cm四方 / 65gほどの超小型&軽量サイズながら、USB PD対応のUSB Type-C(以下USB-C)ポートから最大27Wの出力を行うことができます。これは従来製品と比較し、約65%のサイズ・重さで同等の性能を発揮できる計算になります(※Anker PowerPort Speed 1 PD30と比較した場合)。



アンカー・ジャパン株式会社 代表取締役 井戸義経のコメント:

「チャージング業界のリーディング・ブランドとして、日本の皆様に新たなイノベーションのご報告ができる今日を心待ちにしておりました。2014年に策定されたUSB-C、そして2016年から加速度的な普及を見せているUSB PDは、『充電器の統一』という充電の未来をよりスマートに創り変えていく可能性を秘めています。つまり、スマートフォンやノートPC、その他幅広い電化製品でもUSB-Cに対応している機器であれば『1つの充電器で何でも充電できる』未来の足音がすぐそこまで近づいてきているのです。Ankerはこの未来をより早く実現させるパイオニアとして、GaNのみならず、新しい発想や先進的な技術を駆使しながら挑戦に臨んで参ります。次世代の充電の扉をあけるAnker PowerPort Atomシリーズに是非、ご期待ください。」





【商標について】

- Anker、Soundcore、Eufy、Roav、PowerIQおよびVoltageBoostは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

- AmazonおよびAmazon.co.jpは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。