最新のiPhone XS / XS Max / XRをワイヤレス急速充電する方法とは?

MAGAZINE | コラム

2018/09/12

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新のiPhone XS / XS Max / XRをワイヤレス急速充電する方法とは?

世界中で高い人気を誇るiPhoneシリーズ。その最新モデルであるiPhone XS / XS Max / XRの購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。iPhone XS / XS Maxは、iPhone X / 8 Plus / 8と同様、急速ワイヤレス充電に対応しています。今回は、最新のiPhoneでワイヤレス急速する方法に解説します。

ワイヤレス充電の国際標準規格Qiとは?

Qi (チー) とは、ワイヤレスで電力をスマートフォン (以下スマホ) 等へ供給できる技術規格のことを指します。一般的なスマホは充電ケーブルで充電器と接続しなければ充電できませんが、このQi規格に対応しているモバイル機器であれば、充電ケーブルの抜き挿しをせずにワイヤレスで充電ができます。さらに、iPhone XS / XS Max / XR / X / 8 Plus / 8 はワイヤレス急速充電に対応しているため、一般的な5Wタイプのワイヤレス充電器に比べてより速く充電することが可能です。この機能は、充電をより気軽に短時間で行えるという点で、iPhoneの充電頻度が高い方にとっては大きな魅力の一つになるのではないでしょうか。

ちなみに、QiはWireless Power Consortiumが策定した国際標準規格で、Wireless Power ConsortiumはQiを推進する世界中のメーカーが加盟する業界団体です。Ankerもその一員として登録されており、安全性の高いワイヤレス充電器を開発・販売しています。

Qiの仕組みとは?

ワイヤレスで充電する方法はいくつかありますが、Qiでは電磁誘導方式と呼ばれる方法が採用されています。電磁誘導とは、2つのコイルが近くにあるとき、片側のコイルに電流を流すと磁力が発生し、もう1つのコイルに電力が発生する現象のことです。つまり、ワイヤレス充電器とiPhone XS等の内部にはそれぞれコイルが内蔵されており、ワイヤレス充電器に電気が流れるとスマートフォン側でも電力が発生し、充電ができると言う仕組みになっているわけです。 電磁誘導方式はコイル同士が隣接することで電力の伝送が行われるため、電力のロスが少ないというメリットがあります。ただし、このメリットを活かすためには送電側と受電側のコイルがしっかり隣接していなければなりません。ワイヤレス充電器とiPhoneの位置がずれると、コイルが反応しなくなり充電できなくなる場合があるのです。この問題を解消するためにも、ワイヤレス充電器にはコイルが2個以上内蔵されたタイプを選ぶことをオススメ致します。コイルの数が多ければ、充電器のどこにiPhoneを置いてもすぐにコイルが反応し、安定した電力で充電ができるようになります。

ワイヤレスで急速充電する条件

ワイヤレス充電は充電スピードが遅く、満充電までに時間がかかると思われがちですが、ワイヤレス急速充電なら従来のワイヤレス充電器に比べて速く充電することができます。急速充電とは、通常よりも多くの電流を流し、短時間で充電を済ませること。サッと充電が終われば、普段の生活中でさらに快適にiPhoneを使えるようになります。 ただし、iPhoneであればすべての機種がワイヤレス急速充電に対応しているわけではありません。そもそもiPhoneでワイヤレス充電に対応しているのは、iPhone XS / XS Max / XR / X / 8 Plus / 8の6機種のみで、なおかつiOSのバージョンが11.2以上であることが機器側に求められる条件です。そして、ワイヤレス急速充電に対応しているACアダプタとワイヤレス充電器も必要となります。一般的に市販されているワイヤレス充電器の中には5Wや10W出力の製品もありますが、iPhoneをワイヤレスで急速充電するためには7.5Wの出力が必要となります。購入する際にはiPhoneへ7.5Wの出力が可能かどうかをきちんと確認することが大切です。

Anker PowerWave 7.5 Pad / Standは、iPhoneへのワイヤレス急速充電に対応しています。またiPhoneに7.5Wで給電できるだけでなく、Galaxyシリーズ等へは最大10Wで給電できるため、あらゆるモバイル機器でワイヤレス急速充電を利用できます。たとえばご自身がiPhone、ご家族がGalaxy等別のスマホを使っている場合でも充電器を共用できるのは便利です。

ワイヤレス充電器のおすすめ形状は?

ワイヤレス充電器には、主にスタンド型とパッド型の2種類があります。スタンド型は、縦横どちらの向きでもスマホを置けるので、充電しながら動画等を見るときに便利です。iPhone XS等のFaceIDに対応したモデルであればデスク等でスタンドに置いたままロックが解除でき、メッセージや着信等の確認も手軽に済ませられます。

一方パッド型は平らで高さがないため、ディスプレイの下等、置く場所を気にせずにご利用いただけます。また、パッドの表面に滑り止め加工が施されているタイプもあり、着信やメッセージの受信時のバイブレーションでもズレにくくなっています。

AAnkerでも、スタンド型の 【USB充電器セット】Anker PowerWave 7.5 Standとパッド型の【USB充電器セット】Anker PowerWave 7.5 Padという2製品があります。両製品とも独自のWaveBoostテクノロジーを搭載しており、内蔵されているファンが発熱を抑え、温度の上昇や充電効率の低下を防ぐ役割を果たしています。さらに、過充電保護や異物感知機能等も搭載されており、安全性にも配慮がなされています。両製品とも、5mm以下の厚みであればケースをつけたままでも充電ができるのも嬉しいポイントです。インテリアにも溶けこみやすい洗練されたホワイトのカラー、そしてスタイリッシュなコンパクトデザイン設計等、デザイン性の高さも魅力です。。iPhone用のワイヤレス急速充電器選びで迷っているなら、価格やスペック、安全性、デザインのトータルバランスが取れた【USB充電器セット】Anker PowerWave 7.5 Pad / Standがオススメです。

ワイヤレス急速充電で快適なモバイルライフを!

ワイヤレス急速充電に対応することで、ケーブルフリーかつ短い時間で充電を終わらせることができます。今では、ワイヤレス充電器が数多く市販されていますが、用途やお持ちのスマホ等に合わせて最適なワイヤレス充電器を選ぶことが大切です。納得のいくワイヤレス充電器を見つけて、快適なiPhoneライフを満喫しましょう。

※Anker、およびWaveBoostは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

※iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。

※その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

関連記事