1台2役の魅力!PowerCore Fusion 5000

MAGAZINE | コラム

2018/07/27

このエントリーをはてなブックマークに追加
1台2役の魅力!PowerCore Fusion 5000

Ankerでは、様々なUSB充電器やモバイルバッテリーを取り扱っていますが、その中でも一際ユニークな製品がAnker PowerCore Fusion 5000です。今回は、そんなAnker PowerCore Fusion 5000の魅力についてご紹介します。

1台でUSB急速充電器とモバイルバッテリーの2役をこなす利便性

モバイルバッテリーを使用するためには、当然モバイルバッテリー自体を事前に充電しておく必要があります。しかし、モバイルバッテリーの充電を忘れてしまうことも少なくないはず。Anker PowerCore Fusion 5000は、USB急速充電器としてコンセントに挿しておけば、USB機器を充電していな時に自動的に内蔵されたバッテリーに充電がなされるため、必要な時にいつでもモバイルバッテリーとして使えることが大きな利点です。

Anker PowerCore Fusion 5000は、5000mAhのバッテリー容量を備えています。これはiPhone 8であれば約1.9回、Galaxy S8であれば約1.2回充電できる容量です。USBを差し込む充電ポートも2つ備わっており、お持ちのUSB機器を2台同時に充電することができます。さらに、この2つのポートはAnker独自の充電技術PowerIQとVoltageBoostに対応しており、スマートフォンやタブレット端末、その他USB接続機器へフルスピードで充電を行うことができます。AC入力も120V - 240Vまで対応しているので、海外旅行の時の相棒としても最適です。


Anker PowerIQについて
飛行機に持ち込めるモバイルバッテリーについて

本体サイズはクレジットカードとほぼ同じ大きさ。リュックのポケットにもすっぽりと入るので持ち運びが簡単です。カラーは、ブラック、ホワイト、レッドの3色から選ぶことができ、お持ちの周辺機器や小物等に合わせてチョイスができるのもポイントです。

この製品の魅力は、USB急速充電器 / モバイルバッテリーの両方の機能を兼ね備えていること。USB機器の充電が完了した後に本体も充電されるため、コンセントから抜いて、そのままモバイルバッテリーとしてもご利用いただけます。

荷物もコンパクトに

出張や旅行時も身軽に。通常旅先での備えとしてモバイルバッテリーを持って行こうとすると、モバイルバッテリーだけでなく、それを充電するための充電器とUSBケーブルも準備する必要があります。しかしAnker PowerCore Fusion 5000なら、必要なのはお持ちの機器に対応したUSBケーブルだけ。付属のポーチに本体とモバイル機器の充電に必要なUSBケーブルを入れておけばどこでも好きな時に充電が可能です。

※Anker、PowerCore、PowerIQおよびVoltageBoostは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

※AmazonおよびAmazon.co.jpは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。

※iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。

※その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

関連製品