Anker独自の急速充電テクノロジーPowerIQ

MAGAZINE | テクノロジー

2018/05/27

このエントリーをはてなブックマークに追加
Anker独自の急速充電テクノロジーPowerIQ

PowerIQは、Anker独自の急速充電テクノロジーで、AnkerのモバイルバッテリーやUSB急速充電器に搭載されています。このテクノロジーのスマートな点は、iPhoneやGalaxy、Kindleをはじめ、ほぼ全てのスマートフォンやタブレット等に対応できるように設計されているところ。PowerIQを搭載したモバイルバッテリーやUSB充電器にはスマート充電チップが組み込まれており、このチップが接続された機器を即座に認識し、その機器に適した最大のスピードでの急速充電を可能にしています。

2017年にPowerIQ 2.0へと進化

2012年に誕生したPowerIQは、2017年夏にさらなる進化を遂げました。強化されたのは、電力の最大出力。これまで12Wだった最大出力がPowerIQ 2.0では18Wまで大きくなったことで、より短時間で充電が行えるようになりました。

例えばGalaxy S8の場合、従来のPowerIQではフル充電に約2時間を要していましたが、PowerIQ 2.0なら約1時間半に短縮することができます。進化したPowerIQ 2.0はまさに、Ankerのブランドスローガンである「Charge Fast, Live More」を体現するテクノロジーと言えます。

Anker独自のPowerIQテクノロジーはいかがでしたか?PowerIQ 2.0対応のUSB充電器やモバイルバッテリーでお持ちのスマートフォンをより速く充電してみてはいかがでしょうか。

※AnkerおよびPowerIQは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。