Soundcore Motion B

5,980円(税込)

レビュー:

2レビュー

  • ブラック

製品のポイント

ゆがみの少ない高音質
Soundcore Motion Bは、深みのあるサウンドを提供するだけでなく、大幅に音のゆがみを抑えます。音楽を大音量で再生しても、鮮明さやパフォーマンスに影響はありません。

強化された低音出力
カスタマイズされたデジタルシグナルプロセッサーが音を分析し、リアルタイムで低音を強めます。このオーディオシグナルは、最先端のネオジムドライバーを通して、より強力なサウンドへと変わります。

完全ワイヤレスステレオペアリング
Soundcore Motion Bが繰り出す迫力サウンドを2倍にすることもできます。ワイヤレスステレオペアリング機能で、2台のSoundcore Motion Bをペアリングすれば、どこでも大音量ステレオサウンドをお楽しみいただけます。

防水構造
IPX7規格の防水設計により、水滴、雨だけでなく短時間であれば水中へ沈めても内部へ浸水することはありません。海やプールでも水濡れを心配することなくお気に入りの音楽をお楽しみいただけます。

思う存分楽しめる
Soundcore Motion Bは、1度の充電で最大12時間 (約240曲) の連続再生が可能です。 (再生する内容と音量によります)
※スピーカー自体のバッテリー残量はBluetoothペアリング中のiPhoneやiPadからも確認が可能です。 (iOS 6以上の機器のみ対応)
※再生可能時間は、音量と再生する内容によって多少異なります。

ワイヤレスステレオペアリング設定方法
1. Soundcore Motion B(以下、Motion B) を2台用意する
2. 2台のMotion Bの電源ボタンを1回押し、電源を入れる(電源LEDが白く点灯)
3. 2台のMotion B のBluetooth表示が消灯していることを確認する
4. どちらか一方のMotion BのBluetoothボタンを3秒間長押しし、Bluetooth表示が白色に点滅する状態にする
5. もう一方のMotion BのBluetoothボタンを3秒間長押しし、2台のBluetooth表示が点滅している状態で10秒程度待つ(起動音が鳴ったあと、片方のMotion BのBluetooth表示が白く点灯、もう一方のBluetooth表示が青に点灯している状態になるまで)
6. ペアリングするスマートフォンなどの機器の設定画面より、Bluetooth表示が青く点滅しているMotion Bと接続する
7. 一方のLEDライトが青色に点灯、もう一方が白色に点灯していればTWS接続が完了(青色がL、白色がR)

レビュー

レビュー:

2レビュー

Ankerが大好きなんだよ
コストパフォーマンスは良いでしょう。コンパクトながらパワフルな音を出します。
しかしSoundCore系に言えることですが全体的に低音が強いのか少しこもって聞こえます。イコライザの調整が必要です。
高音もボーカルに被るようなところもあるのでバランスが取れてるとは言いにくいかもですが、一つ3千円近くで買えBOSEのsound link miniの5〜6分の1の値段と考えるとやはり驚異的なコストパフォーマンスです。
音響を楽しむというより好きな音楽をガンガン鳴らすだけと割り切って使えば満足できます。
なもし
リモートワーク特集のセールにて、1台分の価格で2台購入させていただきました。もちろん2台でステレオ再生するためです。私にとってAnkerのスピーカーは初めてなので低音が強化されたとサイトの説明にはありましたが、普段BOSEを使っているため、あくまで個人的には「低音?出てるのかな?」くらいの印象。自宅ではBOSEですが、職場の倉庫に置こうと思ってましたので、低音出すぎないのがむしろ好印象でした。
屋外で食事とかパーティーの時なんかは、もうちょっと低音欲しいかなというところですが、このサイズでステレオ再生できて、めちゃくちゃリーズナブルとくれば、コスパ最高じゃないでしょうか!

製品仕様

製品重量:約400g
防水規格:IPX7 (※一時的 (30分) に一定水深 (1m) の条件に水没しても内部に浸水しないと定義されています。)
Bluetooth規格:V4.2
パッケージ内容:Soundcore Motion B、Micro USBケーブル、取扱説明書、18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後) 、カスタマーサポート
製品型番:A3109011 (ブラック)

ご注意
・ワイヤレスステレオペアリングで最適な性能を発揮するために、2台のSoundcore Motion Bの距離を屋内で使用の場合は5m以内、屋外などの広い空間で使用の場合は15m以内になるように配置してください。