日本交通グループをはじめとしたタクシー車両に Ankerの充電ケーブルを常時設置 – Anker Japan公式サイト

日本交通グループをはじめとしたタクシー車両に Ankerの充電ケーブルを常時設置

2023年1月23日より都内最大手のタクシー会社・日本交通をはじめとしたタクシー車両にAnkerの充電ケーブルおよび特別ケーブルホルダーの設置を開始致します。タクシー車両へのAnkerグループ製品の常時設置は今回が初となり、約500台から展開を開始し、今後は2023年3月頃を目処に約4,000台以上に拡大する予定です。

2011年の創業当初より、米国・日本・欧州を中心にデジタル関連製品でトップクラスの販売実績を誇るAnkerグループの日本法人、アンカー・ジャパン株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:猿渡 歩) は、2023年1月23日 (月) より、都内最大手のタクシー会社・日本交通株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:若林 泰治) をはじめとしたタクシー車両へ充電ケーブルおよび特別ケーブルホルダーの常時設置を開始致します。都内を運行するミニバン型の「トヨタJPN TAXI」約500台を皮切りに、2023年3月までに約4,000台の車両への展開し、その後も更に設置台数を拡大予定です。

お客様にとって移動中にもより快適でスマートな充電環境をお届けすべく、これまでタクシー車内に設置されていた従来の充電用ケーブルから、Ankerの高耐久ケーブルの採用や設置状況の改善に取り組み、初となるAnker製品のタクシー車両への常時設置が実現致しました。本取り組みにより、設置されたタクシーへの乗車中にお使いのモバイル端末をスムーズに充電いただけます。

今回展開するのは、3つの異なる端子を一つのケーブルにまとめることで様々なスマホやタブレットへの充電に対応し、約12,000回もの折り曲げテストをクリアした高耐久な「Anker PowerLine II 3-in-1 ケーブル 0.9m」。本製品はタクシーに乗車する方がお持ちの様々なモバイル端末にお使いいただけるだけでなく、夜間の暗い車内でも最適な端子が見つけやすいよう、今回の取り組みに合わせて特別にLightning端子、USB-C端子、Micro USB端子を白と水色で色分けした製品デザインを採用致しました。さらに、同時に設置する特別ケーブルホルダーにはマグネットを接合することで、ケーブルをスマートに着脱することが可能です。

日本交通株式会社 代表取締役社長 若林泰治様のコメント:

日本交通は、付加価値の高い移動空間を提供する取り組みの1つとして、2011年に日本初のタクシーアプリを開始させたことを受け、2014年よりタクシー車内にスマホ充電用ケーブルを取り付けています。この数年でタクシーアプリのご利用は急速に拡大し、「タクシーはアプリで呼ぶ」が当たり前になりつつあります。今回の取り組みでより質の高い充電環境が整うことは、お客様満足度向上はもとより、社会の移動インフラの充実につながるものと期待しています。これからも快適なモビリティサービスを追求してまいります。

アンカー・ジャパン株式会社 代表取締役CEO 猿渡歩のコメント:

新たな生活様式が定着する昨今、タクシーという移動手段はこれまで以上に私たちの生活を支えてくれる存在となっています。世界No.1モバイル充電ブランドのAnkerとして、そのような日常に欠かせない移動手段においても、お客様にさらにスマートな充電機会を新たに提供できることを大変嬉しく存じます。これからもライフスタイルに寄り添うブランドとして、お客様の生活をよりよく、少しでも快適なものにできるよう製品を通じてサポートして参ります。

Anker × 日本交通

日本交通社のタクシーへの充電ケーブルの設置 (概要)

2023年1月23日 (月) より、日本交通グループをはじめとした都内を運行するミニバン型の「トヨタJPN TAXI」に、特別仕様の「Anker PowerLine II 3-in-1 ケーブル 0.9m」および特別ケーブルホルダーの常時設置を開始致します。モバイルバッテリーを持ち合わせていなくても、タクシー乗車中の短い時間にお使いのスマホやタブレットの充電が可能です。

● 充電ケーブルの特徴
Lightning、USB-C、Micro USBの3つの端子を1つのケーブルにまとめ、1本で幅広いモバイル機器に充電可能なケーブル。約12,000回もの折り曲げテストをクリアした高い耐久性が特徴です。今回の取り組みに合わせて特別に、夜間の暗い車内でも最適な端子が見つけやすいよう、Lightning端子、USB-C端子、Micro USB端子を白と水色で色分けした製品デザインを採用致しました。

● ケーブルホルダーの特徴
今回の取り組みに合わせ特別にケーブルホルダーを設計し、ケーブルホルダーにもマグネットを接合することで、ケーブルをよりスマートに脱着する事が可能です。また、ケーブルの端子に対応する端末をわかりやすく表記することで、お客様の利便性をより高めるデザインを採用致しました。

● 展開スケジュール
2023年1⽉より都内近郊を⾛⾏するタクシー⾞両に設置開始。その後順次拡⼤予定。

展開時期 展開地域 設置台数
2023年 1⽉ 都内近郊 約500台
2023年 2⽉ 都内近郊 約2,500台
2023年 3⽉ 都内近郊 約4,000台

知的財産権について

- Anker、Soundcore、Eufy、Nebula および Anker PowerLineは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です

- その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

x